名大・南山生のためのフリーペーパー『粋』 公式WEBサイト

コラム

【THE・今夜も音楽三昧】#47「曲なし紅白歌合戦 2022」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんばんは。今年最後の「THE・今夜も音楽三昧」のお時間でございます。年末の気ぜわしい時期ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年最後の「音楽三昧」ですが、昨年の最後の回(と、言っても昨年公開されたのは僅かに2回なのですが…)のリメイク企画でございます。昨年の様子はここからご覧ください。

【THE・今夜も音楽三昧】#2「曲なし紅白歌合戦」

それでは、早速参りましょう。今週も最後までお付き合いくださいね。

第1カード:今年・2022年のヒット曲

<紅組>

君たちったら何でもかんでも分類・区別・ジャンル分けしたがる
ヒトはなぜか分類したがる習性があるとかないとか
「Habit」(作詞:Fukase、歌唱:SEKAI NO OWARI)

★映画「ホリック」のテーマ曲。 畳みかけるような歌唱で紡がれる「自分を分類するな」というメッセ―ジと、完成度の高いダンスパフォーマンスで話題をさらった。今年の紅白歌合戦(本家)でも紅組の一角に君臨する

<白組>

突き止めたい 叶わない 君の正体は迷宮入りの難解なミステリー
心変わり色変わり 軽やかに姿を変えたのは悲しいほどの夕暮れ
「カメレオン」(作詞:常田大貴、歌唱:king gnu)

★ドラマ「ミステリと言う勿れ」の主題歌。音程差の激しいサビが特徴的なバラード曲。人形劇風のMVは公開から1年足らずでYoutubeの通算再生回数が3000万回を突破した

第2カード:ダブルミリオン達成曲

<紅組>

どこまでも限りなく降り積もる雪とあなたへの想い
少しでも伝えたくて 届けたくて そばにいてほしくて
「Departures」(1996年、作詞:小室哲哉、歌唱: Globe)

★発売日が元日という珍しいシングルの一つ。JRが恒例としている毎冬のキャンペーン「JR Ski Ski」のテーマソングとして起用され、小室サウンド特有のテクノ調と音階の変化が激しいサウンドで大ヒットを記録した

<白組>

例えば君がいるだけで心が強くなれること
何より大切なものを気づかせてくれたね
「君がいるだけで」(1992年、作詞・歌唱:米米CLUB)

★脚本家・北川悦吏子の出世作として名高いドラマ「素顔のままで」の主題歌として大ヒットを打ち立てた。ドラマの内容を意識して、「友情」を一貫されたテーマとして制作されている

第3カード:視聴率3割越え! 名作を彩ったのは…

<紅組>

空と君とのあいだには 今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる
「空と君のあいだに」(1994年、作詞・歌唱:中島みゆき)

★ドラマ「家なき子」(最大瞬間資料率37.2%)の主題歌。「同情するならカネをくれ」に代表される主人公・すずの過激な語録でも話題を呼んだ。中島曰く、主題歌のこの楽曲はすずの愛犬として劇中で活躍する犬・リュウの視点から綴ったものだという

<白組>

手を繋いだら行ってみよう 燃えるような月の輝く丘に
迎えに行くからそこにいてよ 欠片でもいい 君の気持知るまで今夜、僕は寝ないよ
「今夜月の見える丘に」(2000年、作詞:稲葉浩志、歌唱:B’z)

★ドラマ「ビューティフル・ライフ」(最大瞬間資料率41.3%)の主題歌。木村拓哉演じる主人公・柊二の影響で美容師人気が爆発するきっかけにもなった。常盤貴子演じるヒロイン・杏子が車椅子を使っているため、この歌のジャケットも車椅子の視点から撮影された写真となっている

第4カード:駅メロに選ばれた歌

<紅組>

人はどうして悲しくなると海を見つめに行くのでしょうか?
港の坂道 駆け下りる時 涙も消えると思うのでしょうか?
「かもめが翔んだ日」(1978年、作詞:伊藤アキラ、歌唱:渡辺真知子)

★聴くことができるのは京急鉄道・堀ノ内駅。坂道を駆け下りるようなハイテンポな進行に乗せて、海を愛する男との恋に終わりを告げた女性の心境を情熱的に歌い上げる

<白組>

さくら さくら 今、咲き誇る 刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今
「さくら(独唱)」(2003年、作詞・歌唱:森山直太朗)

★聴くことができるのは東京メトロ・上野駅。桜や卒業をテーマとする歌は数多く存在するが、その中でも堅実で教訓めいた言葉選びは他と一線を画している

第5カード:バラエティ番組発

<紅組>

私って身体から機械壊しちゃう電磁波でも流れてるのかしら?
新しい家電はことごとく電源入らなくなるしさ
「グータラ節」(2019年、作詞:川谷絵音、歌唱:ジェニーハイ)

★バラエティ番組「BAZOOKA!!」から誕生。リーダー兼ギターに川谷絵音、キーボードに新垣隆、ベースに「野生爆弾」のくっきー!、ドラムに小藪和豊と、芸能界&音楽界から豪華な顔ぶれが集結した

<白組>

一番偉い人へ 俺たちは 今 何をするべきか? 心にもどかしい カタルシス

一番偉い人へ 俺たちは 今 何をするべきか? どこかで忘れてた もっと大切な何かを教えてくれ

 「一番偉い人へ」(1992年、作詞:秋元康、歌唱:とんねるず)

★冠番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の主題歌として本人達が制作。タイトルの「一番偉い人」とは日本の総理大臣を指し、社会に何ができるかを自問する内容となっている。ちなみに、発売当時の「一番偉い人」は宮澤喜一

第6カード:街を愛し、愛され

<紅組>

でもこの街が好きよ 生まれた街だから 空はまだ青く広いわ 田んぼも
この街が大好きよ のんびりしてるから
「この街」(1990年、作詞・歌唱:森高千里)

★「この街」とは森高の出身地である熊本のこと。当時フォークソングの一強ぎみだったご当地ソング界において、アイドル歌謡から送り込まれたこの歌は意外性を以て受け入れられた。のちに森高は、この歌をテーマにした全国紀行本も出している

<白組>

さよなら もう新しい明日へ歩き出した 最後の強がり きっとこれが二人の為だよね?
「桜木町」(2004年、作詞:北川悠仁、歌唱:ゆず)

★タイトルの通り、横浜・桜木町が舞台。山崎まさよしの「One more time,one more chance」の歌詞にも出てくるなど、桜木町は何かと邦楽と縁の深い土地のようだ

第7カード:B面曲も侮れません

<紅組>

失った夢だけが美しく見えるのは何故かしら?
過ぎ去った優しさも今は 甘い記憶…  Sweet Memories
「Sweet Memories」(1983年、作詞:松本隆、歌唱:松田聖子)

★A面曲は「ガラスの林檎」。発売当初にA面曲で人気を集めたのち、サントリーのCMでペンギンのキャラクターがこちらの楽曲を歌ったことで再び人気に火が付き、結果、12週間ぶりにオリコンチャート1位に返り咲くという珍記録も生み出した

<白組>

一寸前なら憶えちゃいるが、一年前だとチト判らねェなあ 髪の長い女だって ここにゃ沢山いるからねェ
ワルイなあ、他をあたってくれよ …あんた、あの娘の何なのさ
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」(1975年、作詞:阿木燿子、歌唱:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)

★A面曲は「カッコマン・ブギ」。横浜と横須賀を舞台にある女性を探している男が証言を頼りにその女性に迫っていくという内容で、サビ以外の歌詞はほとんどが男が集めた証言を語ったものとなっている

第8カード:アルバム収録曲の凝

<紅組>

思い出に惹かれて 嗚呼 ここまで来たけれども あの頃の二人は もうどこにもいない…
「カンナ8号線」(1981年、作詞・歌唱:松任谷由実)

★アルバム「昨晩お会いしましょう」に収録。環状道路の中央分離帯に植えられていたカンナの花を見て制作したという逸話のある楽曲で、過ぎ去った恋の輝きを朗々としたエレキのサウンドに乗せて歌い上げる

<白組>

「またね」って見知らぬ誰かと手を振って消えてく君の手 握って奪ってしまいたい、なんてね
思って駆けだしてとどまった また我に帰って 笑顔で「いつかまた会おう」って
「アンブレラ」(2002年、作詞:小渕健太郎、歌唱:コブクロ)

★アルバム「grapefruits」に収録。5年前に自分が想っていた人と街で再開したという出来事がテーマになっている。今となってはその人と結ばれはしないという切なさもありながら、爽やかさと心温まる心情を押し出した一曲

第9カード:追憶の虹の果て

<紅組>

ボヘミアン 破れかけのタロット投げて 今宵もあなたの行方占ってみる
ボヘミアン 身のほど知らぬ恋でしょうか? 幸せ求めちゃいけないでしょうか?
「ボヘミアン」(1982年、作詞:飛鳥涼、歌唱:大友裕子)

★作詞を飛島涼(CHAGE and ASKAのASKA)、作曲をジャッキー吉川&ブルー・コメッツのメンバー・井上大輔というコンビが手掛けた楽曲で、歌手・葛城ユキのカバーで大ヒットした。タイトルの「ボヘミアン」とは「放浪」という意味

<白組>

誰か Romantic 止めて Romantic 胸が 胸が苦しくなる
走る涙に背中押されて Hold me tight! せつなさは止まらない
「Romanticが止まらない」(1985年、作詞:松本隆、歌唱:C-C-B)

★ドラマ「毎度おさわがせします」の主題歌。実はこの曲も松本隆×筒美恭平のコンビが手掛けている。六角形の電子ドラムを用いる歌唱スタイルが注目を集めがちだが、シンセ・テクノを軸とする楽曲そのものの完成度もかなりのもの

第10カード:来年は「卯年」です

<紅組>

うしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ
「紅蓮華」(2019年、作詞・歌唱:LiSA(1987年生、卯年) )

★アニメ「鬼滅の刃」の主題歌としてあまりに有名すぎる楽曲。この曲の大ヒットにより、LiSAはかねてより築き上げていたアニソン歌手としての人気をこの上なく盤石なものとした

<白組>

相当 EXCITE! EXCITE! 高鳴る EXCITE! EXCITE! 心が導くあの場所へ駆け抜けていくだけ
「EXCITE」(2017年、作詞・歌唱:三浦大知(1987年生、卯年) )

★特撮番組「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌として書き下ろされた楽曲。伝説のグループ・Folderのリーダーとして10代の頃から活躍していた三浦はこの歌のヒットで新たな境地を見せつける形となった。

おわりに

というわけで、今回は2年目の「曲なし紅白」でした。今年もあと明日を残すのみ。早いね。

今年も皆様のおかげで「粋」は4号を無事に発行することができました。「粋」を愛願くださっている皆様、そして、本年度中に「粋」を手に取ってくださった皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。来年以降も、「粋」は皆様と共に歩みを進めていければと思いますので、今後とも「粋」をよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年をお迎えください。

作者よりお知らせ

当コラムでは、内容向上などの参考とするため、読者アンケートを行っております。ぜひとも感想をおきかせいただければと思っておりますので、以下のURLより回答をよろしくお願いいたします。所要時間は1~2分程度です。

https://docs.google.com/forms/d/1oyWzQmlP1xmSZ_x4uGCZjOHnx29GuFG_OD3jAr0fzA0

当コラムでは、内容向上などの参考とするため、読者アンケートを行っております。ぜひとも感想をおきかせいただければと思っておりますので、以下のURLより回答をよろしくお願いいたします。所要時間は1~2分程度です。

https://docs.google.com/forms/d/1oyWzQmlP1xmSZ_x4uGCZjOHnx29GuFG_OD3jAr0fzA0

このエントリーをはてなブックマークに追加
村尾 佳祐

© 2013-2023 学生団体『粋』