名大・南山生のためのフリーペーパー『粋』 公式WEBサイト

コラム

【THE・今夜も音楽三昧】#46「聖夜を聴く Again」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんばんは。今週も「THE・今夜も音楽三昧」の時間がやってまいりました。今週もどうぞよろしくお願いいたします。

私事で恐縮ですが、この「THE・今夜も音楽三昧」は、明日で開始からちょうど1周年となります。こうして1年間続けられたのも読者の皆様がいてこそと、感謝しております。誠にありがとうございます。 さて、1年前のクリスマス・イブに公開されたこのコラムの第1回のテーマは「聖夜を聴く」でした。当時のコラムはこちらから。

【THE・今夜も音楽三昧】#1「聖夜を聴く」

今回は、初心に帰るという意味を込めて、昨年は触れなかったクリスマスソングをテーマにお送りいたします。それでは、今週もどうぞ最後までお付き合いくださいね。

距離を超える、健気な気持ち

本日最初に取り上げるのは、個人的に最も「健気な」クリスマスソングだと考えている、こちらの楽曲です。

恋の行方 見えなくなりそうな時 胸の奥で流れてゆくLove Song
少し元気失くしてる貴方にも 心癒す言葉を探している 
「遠い町のどこかで」(1991年、作詞:渡邉美佳、歌唱:中山美穂)

ドラマ「逢いたいときにあなたはいない」の主題歌として書き下ろされた楽曲「遠い町のどこかで」。ドラマのテーマが北海道ー東京間の遠距離恋愛をテーマにしていたからでしょう、この楽曲も遠く離れた相手を想う歌詞が印象的な仕上がりとなっています。

クリスマスがテーマになってはいるものの、その演出方法がさりげないのもポイント。歌詞の中ではサビ以外でクリスマスの景色を敢えて描写していないものの、随所に鐘の音のような音色で戦慄が加えられているなど、それとなく「匂わせて」いるのです。遠距離恋愛という、時に切ないながらも心が温まる瞬間を演出するうえではこの上ない表現といえるでしょう。

HAPPY Merry X’mas 熱い想い届けて 一番好きな人に そっと呟く
HAPPY Merry X’mas たとえ離れてても同じ星を見てる 遠い街のどこかで…
「遠い町のどこかで」(1991年、作詞:渡邉美佳、歌唱:中山美穂)

昨年の回でも取り上げた、名鉄前後駅(豊明市)のイルミネーションは今年も健在。冬の到来を知らせる風物詩的存在の1つだ

ロマンティック×メルヘン

続いてご紹介するのは、クリスマスに「あるもの」を掛け合わせた、ありそうでなかった楽曲です。

雪の舞う駅は寂しくて ポケットで手を暖めあう
君は時計を見るたびに哀しい色濃くして綺麗になる 不思議さ…
「シンデレラ・クリスマス」(1998年、作詞:松本隆、歌唱:KinKi Kids)

KinKi Kidsの「シンデレラ・クリスマス」。1998年に発売された5枚目のシングル「Happy Happy Greeting」のB面曲として制作された楽曲です。言わずと知れたデビュー曲「硝子の少年」や3枚目のシングルのA面としてヒットした「ジェットコースター・ロマンス」などと同じく、大作詞家・松本隆が作詞を担当しています。

タイトルが示す通り、かの有名な童話「シンデレラ」をモチーフにあしらったクリスマスソングで、クリスマスの恋人達をシンデレラと王子様に置き換えるという単純ながら新しい発想が光ります。クリスマスは「聖なる夜」と呼ばれることもあるロマンティックなムードが漂う日ですが、そこにシナジーを感じさせるシンデレラの投入は、足し算の美学から鑑みても相性はぴったり。キラキラとしたイメージと舞踏会の煌めきの相違点も相まって、絶妙なマリアージュを醸し出しています。

シンデレラ・クリスマス 12時までのDream 無数の雪の華が君の髪を飾る
シンデレラ・クリスマス ガラスの靴さえ 僕達にはいらない 普段着のままの君 愛してるよ
「シンデレラ・クリスマス」(1998年、作詞:松本隆、歌唱:KinKi Kids)

新地公園(知立市)でも、公園一帯がイルミネーションで包まれる。園内には城を模した時計塔もあり、ロマンティックさに拍車をかける

埋もれた名曲

本日最後に紹介する楽曲は、いわゆる「埋もれた名曲」のひとつといってもいいのかもしれません。

タクシーのクラクション 街の中で唄ってる 冷たい雨に靴をぬらした 二人だけのクリスマス
「X’mas in the blue」(1987年、作詞・歌唱:山本英美)

山本英美の「X’mas in the blue」です。歌唱している山本は作詞家・作曲家としても活躍しており、平成初頭には光GENJIやV6などといったジャニーズ系グループの楽曲を多数手がけるなどした人物です。そんな彼が1987年に3枚目のシングルとして発売したのが、この曲でした。

夜の都会ならではの大人びた雰囲気を醸し出すサウンドで奏でられるのは、どちらかといえばやるせなさ寄りの心情。しかし多くは語られず、聞き手によって解釈の余地がとても広い作品です。一見すると幸せそうに見える視点人物がどのような思いに駆られながら街角に佇んでいるのか、と考えながら聞くのも一興でしょう。チャートでの成績はあまり奮わなかったものの、味わい深い「埋もれた名曲」です。

 昨夜の電話の声はいつもよりかすれてたね  X’mas in the Blue 淋しがり屋のメッセージ
「たいくつな夜だね」と笑ってしまえばいいさ X’mas in the Blue 最後の夜だから…
「X’mas in the blue」(1987年、作詞・歌唱:山本英美)

ルーセントタワー(名古屋市中村区)には、カラフルに輝くトナカイの像が置かれている。角度によって色を変えるその様は、まさに神聖

おわりに

というわけで、今回はいよいよ明後日に迫った「クリスマス」をテーマにお送りしてまいりました。

今年も残すところ、今日を除いてあと1週間(!!)、よいクリスマスを迎えられるといいですね。 さて、来週はいよいよ2022年最後の1日ですが、「THE・今夜も音楽三昧」は予定通り12月30日(金)に公開の予定です。こちらも是非、お楽しみに。

それでは、また来週もこの時間にお会いしましょう~。

作者よりお知らせ

当コラムでは、内容向上などの参考とするため、読者アンケートを行っております。ぜひとも感想をおきかせいただければと思っておりますので、以下のURLより回答をよろしくお願いいたします。所要時間は1~2分程度です。

https://docs.google.com/forms/d/1oyWzQmlP1xmSZ_x4uGCZjOHnx29GuFG_OD3jAr0fzA0

このコラムで紹介した楽曲のプレイリストを用意しました。LINE MUSICで聴くことができます。以下のURLからアクセスしてください。次回以降の紹介曲についても順次公開していきますのでよろしくお願いします。

https://music.line.me/webapp/playlist/upi7nLrdtfvhxjzl_GXu9zYQaUd_BLXPXHlL?myAlbumIf=true

このエントリーをはてなブックマークに追加
村尾 佳祐

© 2013-2023 学生団体『粋』