名大・南山生のためのフリーペーパー『粋』 公式WEBサイト

コラム

【THE・今夜も音楽三昧】#34「オワリとハジマリ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんばんは。今週も「THE・今夜も音楽三昧」の時間がやってまいりました。今週もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日は9月30日。今日を以て9月が幕を下ろし、明日からは10月、さらに来週からは秋学期が始動…と、この数日間は「オワリ」と「ハジマリ」の交錯する時期となっています。

そこで本日は、「オワリ」と「ハジマリ」をテーマに楽曲をご紹介!どうぞ最後までお付き合いくださいね~。

何かが終わって、始まる

僕の心はひび割れたビー玉さ 覗き込めば君が 逆さまに映る… Stay with me

「硝子の少年」(1997年、作詞:松本隆、歌唱:KinKi Kids)

最初にご紹介するのは「硝子の少年」。デビュー作からの連続国内チャート1位の達成記録でギネスレコードにも認定されているKinKi Kidsの記念すべきデビュー作で、ミリオンヒットを達成しています。作詞を松本隆、作曲を山下達郎という強烈なコンビが生み出した楽曲で、後に山下によるカバーバージョンも発表されています。

テーマは「ティーンの失恋」。「硝子」という素材の脆く儚いイメージがぴったりとかみ合っている一方で「痛みがあるから輝く」というフレーズをサビに使うなど、必ずしも悲観的な決着にならないように工夫されている節も感じられます。最後のサビの歌詞からもそこは読み取れますね。

Stay with me 硝子の少年時代の破片が胸へと突き刺さる

何かが終わって始まる 雲が切れて僕を照らし出す

「硝子の少年」(1997年、作詞:松本隆、歌唱:KinKi Kids)

先ほどもお話した通りこの歌のテーマは失恋です。なので、終わるのは恋でしょうが、それと同時に「何かが始まる」とも語るのです。それは硝子の少年時代を経て大人になるということなのか、新しい恋が待っているというのか、解釈はそれぞれでしょう。このフレーズは歌の最終盤に待っていますが、その先に何が待っているのか?というところに至るまで解釈の余地がある、秀逸な一文に思えます。

周囲の電灯は限られており、バスの全面の行き先案内の電光掲示板特有のオレンジ色が
やけに眩しく感じられる。帰りが遅くなると、そんな光景に出くわす日もある

その遊戯は終焉したのか

次に紹介する楽曲ですが、当コラム比では比較的新しい楽曲と言えるのかもしれません。こちらです。

Loading…からPush the start

目の前モンスターがたくさん R U ready for the game?

「GAME OVER?」(2015年、作詞:leonn,歌唱;AAA)

AAAの「Game over?」です。2005年にデビューした彼らはこの楽曲が発売された2015年が10周年のアニバーサリーイヤーとなっており、同年の1月から7か月連続CDを出すという企画を展開しており、ちょうど折り返しとなる4月がこの楽曲でした。RPGをテーマとしたラップが特徴的なテクノナンバーとなっており、PVでもドット絵がふんだんに盛り込まれています。

この曲のタイトルとなっている「GAME OVER」は言わずもがな残機が0になるなどしてゲームが終了することを指す言葉ですが、歌詞をよく見てみると、むしろ前向きなメッセージがぎっしりと満たされているような感覚すら漂わせています。タイトルが「GAME OVER?」と「?」がついているのは、「ゲームオーバー? まさか、俺達はまだまだやれるぜ!!」という意味なのかもしれませんね。

Now or never We can stand up 立ち上がれ We can choose to continue

始めようか Game Start Bang Bang Bang

運命のみぞ知る運命 Bing Bing Bing

完全燃焼一歩手前で Boom Boom Boom さらにHeat up

「GAME OVER?」(2015年、作詞:leonn,歌唱;AAA)
筆者はゲーム好きだが、未だにSwitchは持っておらず、実機はDSと3DSに特化している。
スマホ向けゲームでは最近リニューアルがあった「みんなで早押しクイズ」あたりがお気に入り

振り返れよ、そして向き直せよ

本日最後に紹介するのは、「オワリ」と「ハジマリ」をこの上なくストレートに歌ったこちらの歌です。

もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい?

親友と語り合ったかい? 燃えるような恋をしたかい?

「オワリはじまり」(2010年、作詞:前川真悟、歌唱:かりゆし 58)

沖縄発のバンド・かりゆし 58の「オワリはじまり」。デビューシングルの「アンマー」(2007年)と並びかりゆしを代表するナンバーですが、実はこの曲はいわゆる「B面曲」。2010年発売のシングル「雨のち晴れ」に4曲同時収録された中の1曲に過ぎなかったのです。しかし、ラジオなどから人気に火が付き、いまやA面曲をしのぐレベルの人気を手に入れるに至っています。

この曲が伝えるメッセージはとにかく前向き。「一日一日を大切にせよ」という、誰しもがどこかで聞いたことのある言葉を具体的にどう為せばいいのか、明日を大切にするためにはどうしたらいいのか、そんな知恵にあふれた楽曲と言えるでしょう。来週から大学は秋学期。これが終われば学生生活の1/8が「オワリ」になります。どう過ごすべきか、どう過ごしたいか、自問をしてみてもいいかもしれませんね。

またすぐ明日に変わる 忘れてしまっていないかい?

残された日々の短さ 過ぎ行く時の早さを

一生なんて一瞬さ 命を燃やしてるかい?

かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい?

「オワリはじまり」(2010年、作詞:前川真悟、歌唱:かりゆし 58)
夕暮れ時、大通りの喧騒から逃れるように住宅街を歩いてみる。同じ名古屋市であっても
そこに広がっているのは市井の人々の、何気ないけどかけがえのない、穏やかな日常なのだ

おわりに

というわけで、今回は「オワリ」と「ハジマリ」をテーマに楽曲を紹介してまいりました。最後まで読んでくださった方々、誠にありがとうございます。

ここで今日は1つ、宣伝をさせてください。

来週、『粋』編集部の所属スタッフによる『粋』配布イベントが行われることになりました!!

名大の方は10月3日(月曜日)15:30より名古屋大学駅前にて、南山大の方は10月6日(木曜日)12:15よりメインストリートにて、それぞれ約30分間ほど『粋』本誌の配布を実施いたします! このコラムを読んで本誌にも興味を持っていただけた方、あるいはまだ最新号を手に入れられていないんだ!! という方は、ぜひこの機会に読んでいただければと思いますので、よろしくお願いいたします!!

それでは、また来週もこの時間にお会いしましょう~。

作者よりお知らせ

当コラムでは、内容向上などの参考とするため、読者アンケートを行っております。ぜひとも感想をおきかせいただければと思っておりますので、以下のURLより回答をよろしくお願いいたします。所要時間は1~2分程度です。

https://docs.google.com/forms/d/1oyWzQmlP1xmSZ_x4uGCZjOHnx29GuFG_OD3jAr0fzA0

このコラムで紹介した楽曲のプレイリストを用意しました。LINE MUSICで聴くことができます。以下のURLからアクセスしてください。次回以降の紹介曲についても順次公開していきますのでよろしくお願いします。

https://music.line.me/webapp/playlist/upi7nLrdtfvhxjzl_GXu9zYQaUd_BLXPXHlL?myAlbumIf=true

このエントリーをはてなブックマークに追加
村尾 佳祐

© 2013-2022 学生団体『粋』