名大・南山生のためのフリーペーパー『粋』 公式WEBサイト

No Widget

ウィジェットが設定されていません…

コラム

【THE・今夜も音楽三昧】#28「6年前のお盆」

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんばんは。今週も「THE・今夜も音楽三昧」の時間がやってまいりました。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今週はお盆でしたね。筆者も先週はお盆休みを頂いておりました。この数日間でいい思い出を作れたという方も多いのではないかと思います。

本日の「THE・今夜も音楽三昧」ですが、6年前のこの時期に起こったある出来事に関するお話をしたいと思います。よろしければ最後までお付き合いください。

栄の某本屋にて

なぜそんな話をしようかと思ったかというと、先日、栄にある某本屋でとある文庫本が売りに出されているのを見つけたからです。タイトルは「SMAPと平成ニッポン~不安の時代のエンターテインメント~」(光文社新書)。テレビと日本社会をメインテーマに掲げる社会学者・太田省一氏の著書です。

題材になっているSMAPというグループのことは多くの方がご存じでしょう。1991年にデビューし、そこから2016年まで25年もの長きにわたって数々のヒット曲を世に送り出しています。記録面でも、単独のシングルの日本最多売り上げ記録を樹立(「世界に一つだけの花」。日本で唯一300万枚以上を売ったCDシングル)するなど、ジャニーズ史の中で触れることを避けられぬグループの一角と言っても過言ではないでしょう。

そんな彼らが解散を正式に表明したのが2016年8月。ちょうどこのお盆の時期でした。

2002年頃、セイコー社は「BEAT CLUB Ver.J」という、高音質邦楽アラーム搭載の目覚まし時計を
複数種発売した(写真はサザンオールスターズモデル)が、その中にはSMAPモデルも存在した

京都にて

SMAPが解散を表明したとき、筆者は高校1年生。京都にいました。こういうと気楽な観光のように聞こえるかもしれませんが、実際には当時通っていた学習塾の学習会イベント(まあ合宿ですね)でホテルに缶詰めにされていました。そして、その間、スマホは教師陣によって回収済み。外界からの情報はシャットアウトされていたのです(テレビは部屋にあったので、教師陣の眼を盗んで見ていた同級生もいましたが、当時はリオ五輪の真っ最中で五輪中継しか見ていませんでした)。

そんな筆者たちが唯一スマホを触ることを許可されていたのが、大学のキャンパスツアーで京大に入る時。そこで久方ぶりにスマホが手元に来るのですが、受け取った生徒たちの一部がなぜかどよめき始めます。何か事件でもあったな、と踏んだ筆者は、スマホを既に返してもらっていた同じ高校の友人に「どうした?」と聞いて、画面を見せてもらいます。それが、SMAP解散を報じたLINE NEWSの速報画面だったのです。

布石はありました。同年1月に一部週刊誌が解散するんじゃないかとスクープをぶっぱなし、冠番組で会見を開いていたこと、同年7月に放送されたフジテレビ系列の特番「FNS うたの夏祭り」への出演が見送られたことなど。ちょうどその頃、高校の同級生に大ファンがいたこともあり、気にはなっていました。これは驚きを隠せなかったものです。

ちなみに教師陣も一切知らなかったらしく、どよめく学生たちを見てようやく1人が事態を察知したレベルだった。さすがプロ集団…

10円玉でおなじみ、平等院鳳凰堂。京都観光と言えば清水寺や金閣といった場所が
候補地筆頭として挙がりがちだが、池の水面に映り揺蕩う本堂は圧巻。ぜひ一度生で見るべき

SHAKEの魔力

そんなSMAPですが、筆者が個人的にその影響力を強く感じたのは、ある年の「FNS歌謡祭」の映像でした。同番組で彼らはトップバッターとトリの両方で最多記録を誇っているのですが、その大半でこの歌を披露していました。

“きょう会わない?”ってキミの電話 ボクも今そう思っていた

テレパシーみたいでウレしい

明日は休みだ仕事もない 早起きなんかしなくてもいい キミと昼まで眠れそう 

「SHAKE」(1996年、作詞:森浩美、歌唱:SMAP)

1996年に発売された「SHAKE」。ライブなどでも盛り上がる定番曲ですが、FNS歌謡祭と言えばフジテレビ系列最大規模の音楽特番。数々のアーティストのコラボが見どころとなっているだけあって参加しているアーティストたちも多数。そして、この曲で会場のテンションが最大にブチアガり、他のアーティストまでもがノリノリでこの曲を歌う映像が現れるのです。 加えて歌謡祭使用のオーケストラアレンジがいい感じに刺さるのも見逃せないポイント。原曲とはまた違う楽しみ方ができます。

それから、この曲は途中でメンバーを1人ずつ抜くカメラワークが披露されるのが恒例となっています。21世紀以降のSMAPは5人体制ですが、冷静に考えるとその5人が昔一緒にグループを組んで活動していたという至極当然な事実に、今となっては「ビビる」のです。これは他のグループを見ていてもなかなか出てくる感想ではないと思うのです…嵐に対しては近い将来に同じことを思うのかもしれませんが。

Shake! Shake! ブギーな胸騒ぎ 超Very-Very 最高! ヒッピ・ハッピ・シェイク!

Shoot! Shoot! 星が流れてく 明日からハレルヤ!

「SHAKE」(1996年、作詞:森浩美、歌唱:SMAP)
マクドナルドで期間限定販売中のドラえもん仕様のマックシェイク。暑さ極まれるこの時期に
涼しげなライトブルーのラムネ味が絶妙にマッチ。これで定番フレーバーと同価格なのも◎

おわりに

というわけで、本日は6年前のお盆に直面したニュースのお話でした。

ところで、当時筆者は高校1年生だったのですが、当時のクラスメイトに一人、SMAPの大ファンがいました。高校に入った時にはすでに解散説が一度浮上していたタイミングだったので「本当にするのかなぁ」的な話もしたような記憶があります。まあ、実際に解散と相成るわけですが。元気にしているかなぁ?

それでは、また来週もこの時間にお会いしましょう~。

作者よりお知らせ

当コラムでは、内容向上などの参考とするため、読者アンケートを行っております。ぜひとも感想をおきかせいただければと思っておりますので、以下のURLより回答をよろしくお願いいたします。所要時間は1~2分程度です。

https://docs.google.com/forms/d/1oyWzQmlP1xmSZ_x4uGCZjOHnx29GuFG_OD3jAr0fzA0

このコラムで紹介した楽曲のプレイリストを用意しました。LINE MUSICで聴くことができます。以下のURLからアクセスしてください。次回以降の紹介曲についても順次公開していきますのでよろしくお願いします。

https://music.line.me/webapp/playlist/upi7nLrdtfvhxjzl_GXu9zYQaUd_BLXPXHlL?myAlbumIf=true

このエントリーをはてなブックマークに追加
村尾 佳祐

© 2013-2022 学生団体『粋』